2ちゃんねる じゃんじゃん速報

2ちゃんねる,2ch,まとめブログ,2ちゃんねるまとめ,アンテナサイト,ニュースまとめ,まとめ,痛いニュース,ニュース速報,芸スポ速報,芸能,スポーツ,事件,野球,サッカー,じゃんじゃん速報



中国

【中国】中国人の反応-米国を本気にさせてしまった米爆撃機の防空識別圏飛行に対して

1: ラ ケブラーダ(京都府) 2013/11/27(水) 09:30:16.47 ID:IT/xN/l2P BE:1300950735-PLT(12014) ポイント特典
「米国を本気にさせてしまった」米爆撃機の防空識別圏飛行に対する中国人の反響―中国
配信日時:2013年11月27日 9時1分

2013年11月26日、米ラジオ局ボイスオブアメリカ中国語版は、米軍の爆撃機が中国の策定した東シナ海の防空識別圏を訓練飛行したと報じた。
no title
(続く)

【軍事】米戦略爆撃機B52、中国の防空識別圏を飛行・・・事前通知せず

1: 伊勢うどんφ ★ 2013/11/27(水) 09:42:58.44 ID:???i
米政府当局者は26日、米戦略爆撃機「B52」2機が中国当局に事前通知しないまま、東シナ海の尖閣諸島周辺上空を飛行したと発表した。

no title

中国は最近、同上空を防空識別圏に設定したと発表しており、米軍機による飛行は中国に対する直接的な挑戦である。

米当局者によれば、2機のB52はグアムの空軍基地から飛び立ち、米ワシントン時間25日午後7時(日本時間26日午前9時)ごろ中国が新たに設定した防空識別圏内に入った。

中国政府は先週末、尖閣諸島周辺の上空を防空識別圏にすると発表していた。

日本が管理している尖閣諸島は中国では釣魚島と呼ばれ、同諸島の領有権をめぐる日中間の意見対立で緊張が高まっている。
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303735804579222482605659654.html 

【北海道新聞/社説】安倍首相の外遊、国会から逃げてないか…「積極外交」を掲げる割に、最大の焦点である中国・韓国との関係改善は進んでいない!!!

1: 諸星カーくんφ ★ 2013/11/04(月) 11:12:23.40 ID:???0
ソース(北海道新聞・社説) http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/502034.html

 安倍晋三首相の外国訪問が異例の多さだ。

 積極外交もいいが、重要法案を審議中の国会を欠席することには問題がある。
 目的と意義を明らかにして、国会審議にも十分配慮した節度ある日程を組むことが大事だ。
 与野党にも国会審議の形骸化を避けるための工夫が求められる。

 先週、首相はトルコを訪問した。日本が支援したボスポラス海峡を海底でつなぐ地下鉄の開通式に出席し、エルドアン首相との会談でトルコへの原発輸出推進を鮮明にした。

 この間、国会では首相が名付けた「成長戦略実行国会」の目玉となる産業競争力強化法案や、日本版「国家安全保障会議(NSC)」 創設関連法案の委員会審議が始まった。

 首相の不在に野党は「国会軽視だ」と反発した。約半年で2度目の訪問である。国会開会中の平日に国際会議以外の目的で行われたのも異例だ。訪問の成果と比べて考えれば、野党の主張は理解できる。

 首相はトルコへの出発前に「戦略的に極めて重要な国だ。首脳間の信頼関係を強固にしたい」と目的を語った。国会を差し置いてまで訪問する理由としては説得力に欠ける。

 与党の対応も問題だ。首相に自制を求めるか、各法案の審議入りを首相の帰国後にするのが筋だろう。衆参両院での優位を利用し、窮屈な日程の中で法案をできるだけ早く成立させようとする強引な国会運営だ。

 懸案が多いにもかかわらず今国会の開幕が遅れたのも、首相の外遊日程を考慮したものだった。国会が振り回されている印象がぬぐえない。

>>2以降に続く)

【海外】【画像あり】女子高生のブラジャー校則に批判殺到!!!

1: ◆9NKSEXw3nU @関電φ ★ 2013/10/27(日) 08:14:38.72 P
中国・広東省中山市の高校の校則が話題を読んでいる。同市の住民が書き込む掲示板に「学校が下着の色まで管理している」という投稿があったのだ。

さらに「先生による下着の抜き打ち検査があり、引っかかると自己批判文を書かされる」というのだ。
 no title

この一報で中国のネット上はすぐさま炎上し、「下着にまでルールを設けるのはやりすぎだ」「下着という超プラベートな領域まで踏み込むのは反対」といった批判の声が相次いでいる。
(続く)

【話題】 中国共産党が蒼ざめる 邪教 「全能神」の国家転覆計画

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/10/22(火) 08:31:29.16 ID:???0
中国本土で"邪教"の嵐が吹き荒れている。

その名は『全能神』。キリスト教系の新興宗教で、90年代から活動を開始。2000年に、中国当局から"社会に破壊的な影響を及ぼす危険な集団"として、邪教に指定された。

この指定を受けて、大祭司を名乗る教祖の趙維山氏は、日本を経由して米国に政治亡命。以降、米国内で生活を続けているという。

「しかし、全能神は変わらず中国本土で勢力を拡大し続けています。信者になれば金銭が支払われるため、カネ目当ての入信も多い。

いわば、全能神は中国最大の問題、国内の貧富格差を背景にして拡大しているんです。対応を誤れば革命が起きかねない。習近平国家主席ら中国首脳にとっては、実に厄介な存在です」(全国紙国際部記者)

他者を入会させると「激励金」が支払われたり、女性信者が身体で誘惑するなどの過激な勧誘策で、その信者数は現在、百数十万人に達している。
(続く)
記事検索
最新記事(画像付)
  • ライブドアブログ
トップに
戻る